【面接はこれで乗りきる】
【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

就職活動の際の防寒具や傘

就職活動をするに当たって、スーツ、バッグ、靴は勿論ですが、コートなどの防寒具、ベルト、傘などの小物についても気を使っていく必要があります。

これらについて注意するポイントをおさえておきましょう。

まず、防寒具です。
コートですが、特にビジネスタイプではなくても、トラッド系のハーフサイズであれば問題はありません。色はベージュやグレーなど、ベーシックなものがいいでしょう。選考会場などでは、コートやマフラーを着用したまま入っている人がよくいるそうですが、あらかじめ外で脱いでおくのがビジネスマナーです。気をつけたいところですね。

次にベルトですが、靴やバッグの色に合わせて黒を選びましょう。バックルがついたタイプやカジュアル系のベルトは避けるようにします。革以外の素材のものや、使い古していてのびきったベルトなどもだめです。ベルトが長すぎるという場合は、パンツの前ポケットの位置より前になるぐらいに長さを調整します。

傘に関しては、就職活動のピークとも言える季節の変わり目の3月、梅雨時などは急な雨が多いものです。折り畳み傘は常時バッグに携帯しておきましょう。長い普通の傘は邪魔になることが多いです。

あとは手鏡や、ヘアスプレーなどをバッグに入れておくのもいいでしょう。天候が荒れたりすると髪形が乱れたりしてしまうものです。ヘアスプレーがあれば、一時的に髪型を手直しもできます。面接の直前に手鏡を使って髪形やネクタイの位置などをチェックしたりするのは大切ですね。
posted by syun at 11:15 | 身だしなみ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。