【面接はこれで乗りきる】
【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

男子のへスタイル

就職活動をするときの身だしなみのひとつとしてヘアスタイルは非常に重要な要素のひとつです。
面接官は学生のヘアスタイルで結構先入観を抱いてしまうそうです。

就職活動の際にふさわしいヘアスタイルとはどのようなものなのでしょうか?男子学生のヘアスタイルについて少し考えてみたいと思います。

まず、茶髪はたとえ多少であっても印象が悪くなります。特に年配の面接官に茶髪は印象が悪くなりがちなので要注意です。必ず黒髪に戻しましょう。

髪の長さですがサイドは耳にかからないようにして、もみ上げは短く切りましょう。後ろは刈り上げる必要はありませんが、襟足は横に流れない程度にしたいところです。前髪は顔の表情がよく見えるよう、垂らさないほうがいいですね。

また、髪全体を立ち上げるのもよくないですね。また、前髪を地肌が見えるほどきっちりと分けたり、オールバックもやめましょう。

寝癖には細心の注意を払います。特につむじ部分は潰れたりしないように、しっかり手直ししておくようにしましょう。

髪は乱れないように、ワックスなどでしっかり固めるようにしたいところです。小さいヘアスプレーを持っておくとよいでしょうね。

フケにも注意が必要です。スーツが黒や濃紺なので、よく目立ちます。

床屋や美容院に行ったときに、髪型について相談してみるのもいいかと思います。

最初にも述べたとおり、ヘアスタイルは先入観を抱きやすい要素のひとつですから、できるだけ清潔感のあるヘアスタイルで面接に臨みたいところですね。
posted by syun at 22:13 | 身だしなみ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。