【面接はこれで乗りきる】
【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

ネクタイの結び方の種類

ネクタイは、学生時代にはほとんどつける機会はないと思います。全くしたことがないという方もおられるでしょう。しかし、就職活動にはスーツを着るのでネクタイは必須ですね。

これから就職活動が控えている方は、ネクタイの準備はOKですか?ネクタイの結び方は大丈夫でしょうか?
早いうちからネクタイの結び方の練習をしておきましょう。

ネクタイの結び方には様々な種類があります。いくつか紹介してみます。

1、プレーンノット
これは基本中の基本ながら現在主流となりつつある結び方です。最も簡単な方法です。また、着脱によるネクタイへの損傷も少なく、万人から支持されています。登場は19世紀中頃と歴史は古く、現在も使用頻度、応用範囲が一番高い結び方です。スカーフのようにふんわりと締めるのが今風でいいと思います。

2、ダブルノット
これはプレーンノットよりも少しだけ結び目にボリュームを与えたいときにおすすめの結び方になります。一見普通に見えて、わかる人にはわかるという少し粋な演出ができる結び方でもあります。

3、スモールノット
その名の通り小さめの結び目が特徴の結び方です。大きめの結び目が苦手という人にはおすすめです。

4、プレーンノット変形
これは「結び目が上手に作れない」という方におすすめの結び方です。結び目を先に作ってから首に通すという少し変わったスタイルですね。

これらのほかにもウインザーノットやセミウインザーノット、クロスノットなどいろいろな種類があります。マスターしておくと、おしゃれが楽しめてスーツを着るのが楽しくなります。
posted by syun at 00:05 | ファッション
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。