【面接はこれで乗りきる】
【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

就職活動用のコート

就職活動を行う時期は基本的に寒い季節となりますので、コートが必須となります。就職活動で着ていくコート選びについてまとめてみましょう。

まず、色はシックなものであれば問題はありません。キラキラとした派手目なものは避けましょう。きれいな色のコートよりもシックな色合いでどこにでも着ていけるような色が好ましいです。例えば、ブラックやグレー、ベージュといった無難なカラーのコートですね。

コートの形ですが、これは特に派手でなければそれほどこだわることはないでしょう。就職活動の際は、会社の入り口でコートを脱いで、畳んで手に持った状態で入りますから、パッと見て形は分かりません。ただ、まあ、新しく購入するなら、入社後にも着用して出勤できるようなものを購入するのがいいかと思います。

就職活動で訪れる企業には、コートを掛けるハンガーを用意してくれている企業もあるかも知れませんが、基本はないと思っていたほうがいいと思います。したがって、就職活動の際は会社内に入ってから、脱いだコートを自分で持ち歩くわけですから、それほど厚すぎない素材のものがいいでしょう。

また、椅子に掛けたりすることになるので、しわになりにくい素材のものを選ぶのもいいかと思います。就職活動ではお洒落なものは控えて、無難なコート、これを基準にコート選びをするといいですね。
posted by syun at 14:52 | ファッション

ブラウスの選び方

女性の就職活動にふさわしいブラウスについて考えましょう。

就職活動にふさわしいブラウスはスキッパーカラーかレギュラーカラーを選ぶとよいでしょう。ブラウスにもいくつかのタイプがありますが、レギュラータイプのブラウスの場合、スーツのVゾーンが広いと胸元に地味な印象を与えてしまいます。レギュラーカラーはVゾーンの狭い上着と合わせたほうがいいですね。

また、スキッパーカラーの場合には襟幅が大きすぎるとだらしない印象を与えてしまう恐れがあります。スーツの襟幅よりも外側に出ないように気をつけましょう。ブラウスの色はシンプルに白がいいでしょう。カラーシャツは面接などの会話の内容が伴わないと、見掛け倒しになるケースもあります。白が無難です。

サイズは必ず試着を行って、肩と袖を合わせましょう。袖は、腕を下ろした状態で上着から5mm程度出るのが望ましい大きさです。レギュラーカラーの場合、第一ボタンは留めます。首周りは指が2本入るくらいのゆとりがあったほうがいいです。

また、形状安定のブラウスはクリーニングに出す手間や費用が省けるのでおすすめです。ワイシャツは首まわりや袖の汚れ、しわが目立ちます。襟首や袖の汚れは人から見ると不潔に見えてしまうので、毎日取り替えるようにしましょう。4、5着くらいはあったほうがいいですね。
posted by syun at 11:54 | ファッション

ワイシャツの選び方

男子の就職活動にふさわしいワイシャツについて考えてみましょう。

まず、就職活動用のワイシャツはレギュラーカラーまたはボタンダウンタイプを選びましょう。

ボタンダウンタイプのワイシャツなら銀行などでも特に問題はありません。ただし、タブカラータイプのものは避けたほうがよいです。ワイドカラーもネクタイが中央からずれやすいので好ましくありません。

色は白がいいですね。カラーシャツにすると会話の内容が伴わない場合、見掛け倒しになることもあります。なのであくまで白が無難でしょう。また、形状安定シャツであれば、クリーニングに出す手間や費用が省けておすすめです。

ワイシャツの首周りは指が2本くらい入るほどのゆとりがあるのがベストです。また、大きすぎても中のシャツが見えやすいので注意が必要です。

ワイシャツのサイズはゆき丈(首の付け根から手首まで)と首周りのサイズで選びましょう。袖は、腕を下ろした状態で上着から5ミリ程度でるぐらいが望ましいです。袖が長すぎたり、首周りが合っておらず下着が見えるような状態になっていると、だらしない印象を与えてしまうので注意してください。

ワイシャツは首周りや袖の汚れ、しわが目立ちやすいものです。襟首や袖の汚れは不潔に見えてしうので、シーズン問わず、できるだけ毎日取り替えましょう。4、5着もっておくといいですね。
posted by syun at 11:42 | ファッション
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。